「酵素ダイエット」という一歩を踏み出せ!
ホーム > 注目 > 所有権移転登記にあたって

所有権移転登記にあたって

さまざまな都合があって急いで不動産を処分したい場合、よくとられる手段としては次の二つが挙げられます。

 

不動産会社に買取制度があればそれを利用して買い取ってもらう方法で、これなら仲介手数料も発生しません。

 

でなければ、市場価格より割安な金額設定にしてすぐ買い手がつくようにする方法です。

 

ただ、前者であれ後者であれ本来の相場より相当安価になることを覚悟しなければいけません。

 

慎重な決断が必要です。

 

不明な点も多い不動産売却に関しては、詳しい人に相談しながら進めるのが賢いやり方です。

 

全てではないものの、仲介だけでなく不動産会社のコンサルティングも利用できることがあります。

 

所有者が見落としていた物件の価値を専門家の見地から見つけ出してくれたり、可能な限り高く売るのに必要なことを助言してくれるはずです。

 

料金不要でコンサルティングが受けられる場合もありますから、ぜひ視野に入れてみてください。

 

一軒家を売るのに際しては、自分で全てを行うケース以外は不動産屋への仲介手数料が発生します。

 

この手数料は、売買価格の3.24%に64800円を加えたものが上限額と法律によって規定されているため、もし売買価格の予測が立っているのであれば支払う仲介手数料も大体の額を予想できます。

 

そして、不動産業者が直接買い取るのであれば、仲介手数料は発生しません。

 

さらに、所有権移転登記にあたっての諸費用は原則として買い手側が負担することになっています。

ラココ予約