「酵素ダイエット」という一歩を踏み出せ!
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化のリスクや業者への依頼などについて

クレジットカード現金化のリスクや業者への依頼などについて

ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化は、商品を安く購入して買取店で高く買い取ってもらうことができれば自分でも行うことができます。

ただし、自分で行うとカード会社から制裁を受けるリスクが高くなります。

ショッピング枠を使って商品やサービスを購入することは、正当な行為です。

ただし、現金を得るという目的でショッピング枠を利用することは、多くのカード会社が禁止しています。

ショッピング枠で購入した商品はカード会社に代金を完済するまではカード会社に所有権があるので、代金を完済するまで勝手に売却することはできません。

例えば友人から借りたゲームソフトなどを、友人の許可なく勝手に買取店などに売りに行ってはいけないのと同じことです。

カード会社は、ブランド品や商品券など換金率の高い商品を把握しています。

このような商品をショッピング枠でたくさん購入すると、カード会社から転売目的を疑われて知らない間にカード利用停止になる可能性があります。

一方、業者に依頼するとカード利用停止などのリスクを減らすことができます。

業者に依頼する場合でもキャッシングとは違って、年収や勤め先や家族構成などを伝える必要がないので安全性が高いです。

ただし、換金率の相場は80%程度なので、クレジットカード現金化で得られる金額よりも後でカード会社に支払う金額の方が多くなります。

クレジットカード現金化は申し込み開始から20分程度で現金が得られる業者もあって非常に便利ですが、借金が増えないように計画的に行うことが大切です。

評価の高い現金化業者:ネオギフト評判